具体的に使うメンバーや予算を見極める

メンバーが行う作業に合ったスペックを選ぶ

法人向けパソコンを選ぶときは、具体的に使うメンバーを決めておくことも大事です。ビジネス文書を作るのか、クリエイティブな作業をするかによって必要なスペックも変わってきます。パソコンのスペックが足りないと、仕事の生産性も落ちてしまうでしょう。パソコンがオーバースペックだと、無駄なコストも発生してしまいます。仕事の生産性を上げるには、メンバーそれぞれが行う作業に合ったスペックを選ばなければなりません。外出時に使いたいなど、メンバーそれぞれがどんなシーンで使いたいのか聞いておくのもおすすめです。オフィス内でしか使わない場合はデスクトップパソコン、出張の多い場合はノートパソコンといった選び方もあります。

予算に応じた構成を見つける

法人向けパソコン選びでは、予算を見極めることも重要になってきます。パソコンのスペックを上げると、価格もその分高くなっていくのが特徴です。同じようなスペックでも、最新と型落ちのモデルでは大きな価格差があります。予算が少ない場合には、価格が安い型落ちのモデルで揃えてみるのもおすすめです。法人向けパソコンはわずかな構成の変化でも価格が変わります。光学ドライブやストレージの容量など、構成を細かく見直してみるのも良い方法です。さまざまなパターンで見積もりを取っていけば、予算に応じた構成も見つかりやすくなります。先に予算を伝えておくことで、割引に対応してくれる場合もあるでしょう。ぜひ参考にしてみて下さい。